陰毛を自分で薄くするならお手本があったほうがやりやすい

濃い陰毛を薄くするには、どんな方法が一番よいか悩みませんか?エステサロン脱毛はプロに任せるので、一番楽かもしれません。

ただ、良いことばかりではありません。施術してくれるのが、同じ女性だとしても恥ずかしいことに変わりはないです。

逆に彼氏に見られるよりもは恥ずかしかったですよ。同じ女性だからかもしれません。

紙ショーツをまくりながら光をあてていくのですが。。。でも恥ずかしいよ。

 

ということで体験だけして帰ってきました。今はどうかわかりませんが、当時は体験キャンペーンみたいなものがありました。

エステサロンは1回の時間はそれほどかかりませんが、通う期間がとても長くなります。

2ヶ月に1回ぐらいのペースで計画がたてられまして。。。このペースだと1年以上かかる??という人も。

 

なのでわたしは、自分で自宅で陰毛を薄くするためのケアを始めたのです。実際に自分で手入れを始めると、めちゃくちゃ難しいことがわかりました。

まず悩んだのが「やり方」。何を使い、どのようにムダ毛処理をすればいいのか全然分かりません。ハサミで切ればいいのか?カミソリでそればいいのか?脱毛機器を使えばいいのか?

 

そもそも、お手本になるようなものがないのでゴールさえ見えない状況。これに関してはエッチな動画にでていう女優さんの毛を参考にしました。

理由は、わたしが陰毛の手入れをする理由が彼氏とエッチするときのためだったからです。

目的にあったお手本ではないかと思いました。もしかしたらエッチな動画をふだんみない女性もいるかもしれませんが、一番良いですよ。

全然みない人は、グーグルで「エッチ 画像」とかで検索してみてくださ。そのとき通常の「ウェブ検索」ではなくて「画像」検索でします。

するとグーグルが画像表示してくれます。注意事項としては、その画像をクリックしないことです。クリックすると、その画像主のサイトに飛んでしまいますので。

素人ものではなくて、ちゃんとした女優さんの画像をお手本にしたほうがよいです。

 

理想の陰毛が決まったら、それに向かって手入れを始めます。毛質には個人差がありますので、お手本通りにはけしてなりません。

これは頭のヘアスタイルでも同じようなことがいえますよね。だいたい、こんな感じにしておけば間違いないという目安にしてください。

お手本があるのと、ないのでは全然違います。

 

わたしが実際にやっている方法は、この記事で紹介しています。

残す陰毛の長さや、ビキニラインを肌荒れさせないそり方など具体的に書きました。