ビキニラインのムダ毛処理におすすめのカミソリ!4つを比較

ムダ毛処理が欠かせない時期になってきました。今回はビキニラインのムダ毛処理に欠かせないカミソリについて、薬局で入手可能なものを比較してみました。

文章中に表記されているカミソリの金額はAmazonのものです。なので薬局などで購入する場合は金額が前後する可能性がありますのでご了承ください。

 

ビキニラインの皮膚は薄いので、肌荒れさせないカミソリが必須!

シック クアトロ4フォーウーマン トリムスタイルホルダー

わたしがアンダーヘアの手入れをするのに、一番おすすめのカミソリです。他のカミソリとの圧倒的な違いは、この値段で電動トリマーの機能がついていることです。

アンダーヘアの手入れって、毛が刃に入りこむことが多いので便利です。トリマーで少し短くしてから、カミソリで剃るとからまらずに快適にお手入れができます!

詳しい使い方は「シッククアトロ4フォーウーマントリムスタイル【感想と使い方】」という記事にまとめていますので興味のある人はチェックしてみてください。値段は819円

 

・シック ハイドロシルク トリムスタイルホルダー

「ハイドロシルク 」は「クアトロ4フォーウーマン」と同じくメーカーはシックです。違いは「敏感肌向け」を強調していること。そして5枚刃であることです。クアトロ4フォォーウーマンで問題なければスルーで問題なし。現段階で肌が敏感になってしまっているなら、こちらから始めるのも良いかと思います。値段は954円

 

ジレットヴィーナス スワール

「ジレットヴィーナス・スワール」は剃りにくい部分にピッタリハマってくれる剃刀。「フレキシボールテクノロジー」の効果らしいのですが、膝や足首などカーブ部分のムダ毛処理に強いのが特長。アンダーヘア関連でいくと、股部分(脚のつけね)あたりに毛が多く生える人には役立ちます。 これまでのジレットヴィーナスの中でも刃は最薄かつ最高とのこと(5枚刃)値段は991円。

シック イントゥイション ホルダー 肌うるおう

「シック イントゥイション」の特長は石鹸なしで毛処理ができることです。刃の部分に潤い成分が入ってます。弱点は「潤い成分がなくなればただのカミソリ」「刃がさびるよりも、成分がなくなるほうが早くコスパが悪い」「毛が刃に絡まりやすく取り除きにくい」と弱点ばかりが目につくカミソリ(個人の感想)

肌が弱い人には、前述した「シック ハイドロシルク」があるので、特に買う理由がみつからないカミソリになってしまいました。値段は958円。