アンダーヘアの手入れで失敗しないための注意点と具体的な方法

アンダーヘアの手入れで失敗した人、これから始める女性に向けて、注意点や具体的な方法を話します。

まず、やってはいけない「毛抜き」の話からスタートします。

アンダーヘアの手入れを毛抜きでやると、かさぶたになります。水着でも隠れない部分もあるかもしれません。

裸になるのは論外で、かなりキツイです。なのでアンダーヘアの手入れに毛抜きを使うのはやめるべきです。自分で毛処理をして不自然な仕上がりにガッカリ。。。という失敗のレベルではありません。

 

毛がきれいに抜けず、途中で切れると肌の中で成長します。埋もれ毛とか、埋没毛といいますが、こうなると対処できません。

ピンセットで中からえぐりだす方法もありますが、肌を傷つける可能性が高く女性にはおすすめしません。こういう理由からも毛抜きはアンダーヘアの手入れにはオススメしません。

わたしは毛抜きではなく、ハサミとカミソリ、そして抑毛剤で手入れをしてます。

抑毛剤をご存知ない人も多いかもしれません。除毛剤(脱毛剤)は、今生えてる毛をとかして処理するために使います。ニオイもきつく、成分が強いので肌に負担になることもあります。

 

いっぽう抑毛剤は、ムダ毛の生えるスピードを遅くするために使います。効果は新しく生えてくる毛にでます。毛を溶かすわけではないので、除毛剤ほど強力な成分は入ってません。

しかし、商品によって品質も効果の出方も違います。抑毛剤はあまり市販されてませんので、通販が中心になります。手にとって確かめることができないので、買うのに勇気がいるかもしれません。

 

抑毛剤を使うと手入れの回数を減らせます。精神的にも時間の節約にも良いのですが、何よりムダ毛処理による肌への負担を減らせることが大きいです。ビキニラインやIラインなどはデリケートゾーンと呼ばれるくらい肌が薄くて敏感です。

わたしが利用してる抑毛剤はムダ毛の生えるスピードを遅くするだけではありません、使うたびにムダ毛を細くする効果が期待できるものです。

 

これってすごく重要です。アンダーヘアは脇や脚のように無毛にしませんよね。一部を残すわけです。自宅で陰毛の手入れをするときに、一番難しいのは残す部分です。

ハサミで短くしたり、カミソリで周りの毛を剃って面積を小さくしても、全体の濃さが変わりません。ひどいと食べる海苔(のり)みたいにな失敗に(わたしは恥ずかしくて全部剃ったことがあります)

 

薄くしないと清潔感がでないのです。男性の目は厳しくなってます。女性のアンダーヘアが濃いと、グダグタ言う人が多くなってます。逆に何も言わずに、ひとり静かに立ち去っていく男性もおられます。エッチしたら音信不通というパターンですね。

この理由は大きく2つあると思ってます。

 

ひとつはエロ動画が簡単に見られるようになったこと。AV女優の毛はとても自然できれいです。プロと比較されると、一般の女性は困りますよね。

ふたつめは、アンダーヘアの手入れをする女性が増えたこと。それほど剛毛ではない人までしっかり手入れしてます。不自然な仕上がりになってる人も温泉とかスーパー銭湯で見かけますが、大事なのは「みんな意識してる」ということ。

 

なので、何も手入れしてないと、それだけで濃く見られる可能性があります。元カノと比較されてるかもしれませんよ。

元彼に「顔(童顔)のわりに、ここはワイルドだね」とエッチしてるときに言われました。その後遺症で、しばらく恋愛もだめでした。性欲は強いほうなので、つらかったですw

 

コンプレックスを乗り越えたくて、失敗を繰り返しながら一番効果のある手入れの仕方をみつけました。誰がみても自然な感じの薄さ。しかもフワフワの柔らかさで、清潔感がでます。

もしあなたが過去の私と同じようにアンダーヘアで悩んでるなら、ぜひチェックしてみてください。

>>デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?<<

 

ハサミやカミソリは特別なものは使いません。抑毛剤だけは自分で準備しないといけませんが、何万もする家庭用脱毛器を買うとか、エステ脱毛に行くよりは費用はかかりません。

自分と同じように悩んでる人の参考になればウレシイです。