アンダーヘアのiラインは残す@全体的に薄くしたい女性へ

アンダーヘアの手入れで難しいのがIラインです!なぜなら毛を残すからです
ビキニラインのように残さなくてよい部位のほうが簡単です。

多くの日本人女性はアンダーヘアを全部剃るのではなくて膣のまわりなどは残しつつ、つまりパイパンにしないで全体的に薄くするのが理想ですよね。デリケートな部位なので肌荒れに注意しながらムダ毛処理しないといけません

Iラインのアンダーヘアを残しつつ、全体的に薄くしようと思った場合、はじめに思いつくのが“抜く”か“切る”ではないでしょうか?抜いたり剃ったりすることでスカすということですね。

これにはリスクがあります。それは肌荒れする可能性があること。埋没毛ができるということです。きれいに抜けずに毛が穴に残ってしまうことを“埋没毛”とか“埋もれ毛”なんて表現することがあります。

こうなると非常に見た目がよくないです。脇の脱毛で失敗すると黒いボツボツができませんか?あれと同じ状態です。黒いボツボツがデリケートゾーンにあると見た目がよくないです。陰毛の自己処理で一番注意しないといけません。

加えて肌荒れすると赤いポツポツができたり、毛穴がはれて大きく膨れ上がります。これも埋没毛と同様にみためが最悪なので注意してください。

カットで注意しないといけないのは処理後にチクチクなることです。下着を突き刺すような状態になります。エッチで彼氏の顔に刺さったらかわいそうですよね。

Iラインのアンダーヘアを残しつつ、お手入れするにはコツがあります。いかにもお手入れしてます的な不自然なヘアではなくて、自然な薄さと柔らかさの清潔感のあるヘアにする方法をを紹介します。