お尻の毛が気になる女性に自宅で処理する方法を教えます

毛深いと女性でもお尻に太い毛が生えてくることもあります。わたしは生まれつき体毛が濃くてコンプレックスでした。

このブログでは、アンダーヘアの処理に悩んでいる女性に向けて過去の自分の体験や自宅で簡単に手入れできる情報を発信しています。

剛毛女の告白。お尻までギッシリ生えてたんです(恥)

実はわたしもビキニラインやIラインだけでなくOラインとよばれるお尻周辺のムダ毛もボーボーでした。

自分ではなかなか気づくことができない部位だし手入れするのも大変です。今回はわたしが、お尻の毛をどのように処理しているかを話します。

大前提として先にお伝えしたいことは「ムダ毛処理をするほど肌は傷つき、毛は濃くなる」ということです。なので私の手入れ方法は「いかにしてムダ毛処理の頻度を少なくするか?」という部分に集約されます。

これはビキニラインやIラインに生えるアンダーヘアの手入れでも同じことがいえます。

もちろん永久脱毛でもしない限り、ムダ毛が生え続けます。処理しなければボーボーのまま彼氏とエッチすることになり、これはこれで興奮する男性も一部おられるそうですが、ほとんどの人は「萎えてしまうので要注意!」です。

自宅で簡単にできるVIO脱毛を教えます

では、具体的なわたしのお尻の毛の処理方法をお伝えします。

基本的にはビキニラインやIラインの手入れと同じです。抑毛剤を利用して、ムダ毛を生えにくくすることで手入れの頻度を少なくするようにしてます。

このブログで何回か登場しているコントロールジェルを使えば、ムダ毛がうぶ毛のように細くなります。なので1回の手入れも少い力で処理できるので、肌への負担も減ります。

ではoラインの毛を処理するのに、どんな道具を使うかです。わたしはカミソリやシェーバーを使います。お尻の穴近くになるにつれて敏感になりますので、カミソリを使う場合は清潔さに注意します。

ムダ毛処理の刺激を和らげるためにシェービング剤を利用すると良いでしょう。お尻のムダ毛処理が初めての場合、まずは小さくテストしてから始めましょう。お化粧が肌にあうのかをチェックするのと同じ考え方です。

一部だけにカミソリを使って様子をみる感じです。ビキニラインやIライン以上に自分で脱毛するのが大変な部位ではあります。どんな体位でやれば、一番効率的なのかは人それぞれです。

というのも体がカタイ人もいるので、この体位がオススメというのはできないからです。何はともあれ、自分の毛の状態をしることが先です。

鏡を2枚にして確認したり、スマホで写真にしたり(画像は確認したら即処分!)、手で触ってみたり(石鹸で手洗いしてから)。いろいろ方法はあるので、アナタにあった方法を試してみてください。

残りのIラインとOラインのアンダーヘアの手入れの仕方は、別記事にまとめていますのでチェックしてみてください。

デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?