Iライン脱毛でできるアンダーヘアの形。元に戻せないので慎重に!

Vライン脱毛でできるアンダーヘアの形。おすすめはナチュラルです」という記事で、サロン脱毛でのオススメの形について話しました。

アンダーヘアの形
Vラインは「ナチュラル」一択!

彼氏とエッチするとき、友達を温泉旅行にいくときなど、「見られる」を意識するなら、アンダーヘアの形を作るのはNGです。

まだ読んでない方は「Vライン脱毛でできるアンダーヘアの形。おすすめはナチュラルです」を読んでくださいね。

 

Iライン脱毛で作れる形について解説します。エステサロンでもクリニックでも、同じようなデザインにアンダーヘアを残すことができます。

今回は説明を分かりやすくするために、VラインとIラインの形を分けました。初めてVIO脱毛する女性は特にですが、両方のデザインを比較して決めることをオススメします。

エステ、クリニックでアンダーヘアの脱毛

 

Iラインの脱毛範囲と形(デザイン)

脱毛する範囲

・Iラインとは

先にIライン(Iゾーンとも言う)の脱毛範囲を確認しておきましょう。

ざっくりいえばIラインは陰部のスリット部分です。脱毛範囲に粘膜部分は含まれません。脚の付け根から女性器までを指します。

・Iライン脱毛とは

陰部の両サイドのアンダーヘア(陰毛)を脱毛すること

 

Iライン脱毛で作れる形(デザイン)

Iライン脱毛の形は、基本的に「長方形」を意識してください。横長ではなく縦長のほうですよ。


Iラインの脱毛前後の図解

図の青い部分がIライン脱毛前、ピンク部分が脱毛後です。

大きく2段階の長方形で考えます。長方形の横部分、つまりビキニラインのアンダーは完全になくしたノーマルタイプ。さらに横辺を除去して、スリムな長方形にした形の2種類です。

 

どちらもVラインは残しません。残す毛を含めてきれいに脱毛できると、清純さがアップします。一歩間違うと、食べる海苔のようになるデザインです。よほど下手くそなエステやクリニックに行かない限り、心配する必要はありませんけど。

Iライン型のメリットとデメリット

attractive asian woman wearing scarf showing

メリット:露出の多い下着や水着でも平気。下着の通気性&清潔感アップ

長方形にするメリットは、きわどいデザイン(ボトム面積が小さい)の下着や水着もいけてしまうことです。Tバックやタンガに挑戦したくても、毛がはみ出るのが心配という女性も多いことでしょう^^

アンダーヘアを残す部分が少ないので、、見た目の清潔感もでます。毛が少なくなることで通気性がアップ、下着の蒸れや生理中の嫌なニオイも軽減します。

デメリット:残すアンダーヘアが薄くならないと不自然さが目立つ

逆にデメリットは、きれいすぎることです。ふつう長方形にアンダーヘアは生えませんからね。なので男性に見られたときに、手入れしていることはバレやすいです。

もともと毛が薄い女の子もいるので。100%断定されはしないと思いますが。

きれいに脱毛してくれるところを選ばないと、残したアンダーヘアが異常に目立って恥ずかしい状態になるかもしれません。毛の面積を狭くするということは、残す部分が濃く見えるリスクが高くなるということです。

 

Iライン脱毛で出来るデザインのまとめ

 

Iライン脱毛の基本形は「長方形」!

無理に長方形を作らなくても、ナチュラルや全体的に面積を小さくするなで十分かもしれません。エステやクリニックでは、事前にカウンセリングがあります。

部屋でスマートフォンを見る女性

わたしは、このブログで自宅で手入れする方法を紹介してます。「ビキニラインはいらないですよ」と話してます。

でもそれは
・自己処理だから綺麗すぎにならない(明確に長方形にしません)
・残す部分を薄くする手段を用意してる、
・失敗しても時間がたてば生えてくるからです。

 

脱毛すれば元には戻せません。永久脱毛でなければ、いずれは生えてきますけどね。「こんな形にしなきゃ良かった~」と後悔しないように、慎重に考えて決断してくださいね。

 

終わりに

記事の冒頭で話しましたが、vライン脱毛でできる形もあわせて検討してみてください。下記リンク先の記事で、詳しく説明しています。

Vライン脱毛でできるアンダーヘアの形。おすすめはナチュラルです。

 

「自分には脱毛サロンはあわないな」という方もおられるかもしれません。自宅でアンダーヘアを薄く柔らかくできます。

女なのに剛毛な自分でも、成功した方法です♪

次の記事へ >>Iラインのアンダーヘアをハサミで整えるときのポイント