Iライン脱毛は粘膜部分まで OK?サロンのホームページで調べてみた

Iライン脱毛の粘膜部分に関する情報をまとめてみました。サロンで脱毛を検討中の女性の参考になれば幸いです。

 

サロンで粘膜部分まで脱毛できるの?

どのサロンでもIライン脱毛は粘膜部分まで対応してません。

今回は銀座カラー、ミュゼ、キレイモ、プリート、TBC、エピレのホームページを調べました。これ以外のサロンは調べてませんのでご了承ください。

 

粘膜部分の確認。Iライン脱毛ができる範囲

Iラインの範囲の画像

▲Iラインは、脚のつけ根から女性器までを指します。

Iラインの概略図。粘膜部分など

▲Iラインのなかでも膣周辺は、粘膜部分にあたるため脱毛できません。

その他の範囲、例えば小陰唇の内側などは脱毛が可能な範囲です。一言に「Iライン脱毛」といっても、サロンやクリニックによって可能範囲が異なります。どこでも図の青色部分のIラインを脱毛できる、というわけではありませんのご注意ください。

 

各サロンのIライン脱毛での「粘膜部分」の説明を調べてみました。

銀座カラー

Vライン(iライン)は、足を開いて、粘膜以外の太もも付け根ラインを照射します。

 

エステティックTBC

※粘膜部分は処理できません。

 

キレイモ

※キレイモは全身脱毛サロンです。Iライン脱毛のみには対応してませんのご注意ください。

ミュゼ

ミュゼ、キレイモのホームページでは明確に「粘膜部分」に関しての記述は見つけられませんでした。見落としの可能性もありますが。

実際に体験された人のブログを読むと、ミュゼもキレイモも、粘膜部分の脱毛は非対応だと思われます。

 

プリート

公式ホームページの脱毛範囲を説明する図をみると、Iラインのなかでも粘膜部分が照射範囲とし色づけされてません。なので年粘膜部分は非対応と判断しました。

 

エピレ

特に「粘膜」に関しての記載は見つかりませんでした。