クリスマスに向けてアンダーヘアの手入れをしたい20代女性へ

クリスマスに向けてアンダーヘアの脱毛を考えている女性も多いでしょう。

ムダ毛処理といえば薄着や水着になる夏が一番のシーズン。ですが彼氏がいる場合は、年間をと通してムダ毛対策は必要です。

 

一年のなかでも彼氏と過ごす12月24日は特別の日ですよね。だからこそ、アンダーヘアの手入れをしておかないといけません。

あそこの毛を薄く柔らかくする手入れは、20~30代の女性の間では常識。下着からはみ出る毛だけを処理したのはもはや過去の話しです。

わたしのように毛が濃い女性以外も、何かしらの手入れをしています。

 

アンダーヘアの手入れはサロンで脱毛するか、自分で手入れするかになりますが、ほとんどの女性は家でやっています。

脇などをサロンで脱毛する人は増えていますが、陰毛の脱毛は恥ずかしいので勇気がないですよね・・・

 

わたしも一度はサロンで脱毛の体験をしたのですが、紙ショーツを身につけていてもまくりながらの施術になるので恥ずかしかったです(施術者はもちろん女性)

 

そういうわけで、自宅で自分でアンダーヘアの手入れを始めました。やってみると、これがとても難しくて凹みました。

というのも脇や脚のように、無毛にする部分ではないからです。あそこの毛を全部なくしてしまう人も一部はいますが、日本では少数派です。

 

ブラジリアンワックスとか流行ってますが、まだまだ無毛にする人は少い。

一度そうしたことがありますが、温泉に行ったら友達にからかわれ、ジムではおばちゃんにはジロジロみられ、男には軽い女だと思われ。。。

 

生理のときのムレがないのは良かったんですが、それ意外にいいことがなくてすぐに伸ばしました。

今多くの女性がやってるスタイルはIラインの一部の毛を残しつつ、全体的に薄くしていくものです。

 

口で言うのは簡単なんですが、実際に自分でやってみると大変なんです。

ハサミで陰毛を短くしても、濃さは全然変わりません。ボサボサよりは清潔感がでますが、見た目が食べる海苔のようで恥ずかしい。

 

毛抜きですいてみる方法もありますが、まっすぐに毛がぬけないと悲惨です。毛穴が広がって、周辺の皮膚が炎症をおこして真っ赤に。

これを繰り返すと毛穴が完全に広がり黒いポツポツが肌にできているように見えます。肌も全体的に黒ずんでしまい、裸はもとより水着も厳しくなる場合も。

 

ビキニラインやIラインはデリケートゾーンと呼ばれるくらいですから、ムダ毛処理のダメージがたまりやすい、表に現れやすいので要注意です!

 

じゃあ、わたしがどのように手入れをして、薄く柔らかくしたのかはこのブログの過去記事で紹介しております。

もともと毛深い人で、彼氏とエッチするのが不安な女性向けに、わたしの経験と解決方法を教えたくて始めました。

 

今では、剛毛体質でない人も読んで頂いております。それだけアンダーヘアの手入れが難しいということなんです。

脱毛器を買ってくれば、それで解決するとも限りません。わたしは何万もするやつを実際に買いましたから(悲)

 

毛が濃い女でも何とかなった方法だということで、それ以外の人ならもっと効果が出やすいので、ご紹介しています。

もちろん、毛質には個人差がありますので100%保証とかはないですよ。興味のある人だけ試してみてください。

>>デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?

 

彼氏と素敵なクリスマスを過ごしてください。今はいなくても、急にできることも12月はありますから備えは万全にしておきましょう。

わたしは今の手入れの仕方にする前に、いいなと思っていた男性に急に誘われたけど、毛がボーボーだったので断ったことがあります(悔しい)

 

人気記事セレクション

デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?

シッククアトロ4フォーウーマントリムスタイル【感想と使い方】

Iラインのカットをする前に女性に読んでほしい記事