Vライン脱毛でできるアンダーヘアの形。おすすめはナチュラルです。

Vラインを脱毛は形を決めることから始まります。これはエステサロンでもクリニックでも同じです。

一般的には「ナチュラル」「だ円」「ハート」が有名です。今回はVIO脱毛のなかでも人気のVラインの特集記事です。

1回では書ききれないので、「脱毛する形」だけに絞って話しますね。

エステ、クリニックでアンダーヘアの脱毛

代表的なVライン脱毛の形

Vラインのデザインの基本

青線が脱毛前のアンダーヘアの範囲だとします。

図1Vゾーン脱毛前と脱毛後の図1

図2
Vゾーン脱毛前と脱毛後の図2

一般的に多いのは、Vラインの上辺と削り(図1ピンク部分)、
角を削って丸く、全体的に範囲を小さくするパターンです。(図2ピンク部分)

 

では具体的なvライン脱毛の形をみていきましょう。

Vライン脱毛のデザイン

 

・逆三角形(トライアングル):全体的にアンダーの生える範囲を縮小させた形。

・だ円(逆たまご):上部Vラインのなくす量が多い

図3
V脱毛の形、だ円とトライアングルの比較図

↑これは、だ円と逆三角形(トライアングル)を比較した図です。

・ナチュラル:そのまま(自然)という意味ではありません。極端に形をつくらないスタイル。

・ハート:VIO脱毛がまだ珍しかったときに、占有率があった形です。今は20%もないと思いますよ。

 

この他にVラインを全部なくして、Iラインの毛で調節して作る形もあります。

ちなみにハイジニーナはIラインの毛も脱毛してしまう形です。

 

 

ブラジリアンワックスでもアンダーの形を作れます

アンダーヘアの脱毛といえば、レーザー機器を思い浮かべますよね。この他にもブラジリアンワックスという脱毛もあります。レーザー脱毛だけでなく、ワックスでも形は作れます。

 

エステやクリニックで脱毛してくれる範囲は決まってます。施術前のカウンセリングで教えてくれます。ホームページでも脱毛範囲は確認できるところが多いですけど。

 

毛の量は人それぞれです。わたしのように広範囲にアンダーヘアが生える女もいます。施術まえに家でシェービングしてから店に行きます。

カウンセリングの段階で(範囲内で)こういう風にしてほしい!と形を自由に指定できます。なので「ナチュラル」「だ円」「ハート」というのは大きな枠組みにすぎません。※脱毛する範囲によって追加料金がとられる場合があります。

 

おすすめのVライン脱毛の形は、ナチュラル。

stockfoto_62624003_xs

これ一択でいいじゃないでしょうか?以前はハートの形が人気でした。どうせ脱毛するなら、カワイイほうがいいと思いますよね。

わたしがカウンセリングを受けにいったときも勧められました。(数年前の話しですよ)

 

これは私の持論なんですけど、相手に脱毛していることが気づかれない。これがとても大事だと思うんですよ。

男性の彼女に対するハードルは高いです。20代でボーボーなら、不潔、萎えたと袋叩きされます。本人に言うかはさておき。

「ちゃんと、手入れしろよ」と思ったことがある男性が20代だと2人に1人という統計もあうとか(汗)

手入れはしてほしい。でも手入れしてると想像したくない。こういう男性が多いのです。

 

昔、アイドルはトイレに行かない。という熱烈なファンが多かったそうです。

まとめると、
「わたし脱毛してきました!!!」
「見てみて、可愛いでしょ(ほめて褒めて)」

という女とは、つきあいたくない。これが男性の心理のようです。なのでVライン脱毛は、ナチュラルが無難です。

エッチな動画にでてる女優さんはナチュラルが多いよ

Beautiful sexy Asian woman lying down in bed

最近はエッチな動画を見る女性が多いそうです。わたしもそうですけどね。

なので話すんですけど、エロ動画に出てるプロの女優さんでハートとかだ円の人はいませんよ。

わたしは1回だけ施術してもらって恥ずかしくてV脱毛はやめた人間ですけどね。

 

家でも自然な薄さでふわふわのアンダーヘアになれますからね。

自分で手入れする方法は「アンダーヘアを細く柔らかくするために抑毛剤を使ってみた!」という記事にまとめました。

 

でも、エステやクリニックに行きたい人もいるでしょうから、今回はVライン脱毛の形をテーマにしてみました。

Vラインの次はIラインです。

次の記事へ >>Iライン脱毛でできるアンダーヘアの形。元に戻せないので慎重に!