Iラインが剛毛で汚い@清潔感があるアンダーにしたい女性へ

Iラインのアンダーヘアが剛毛なのが悩みの種。。。という女性に向けて、わたしが実践している手入れの仕方をご紹介します。

日本で、あそこの毛を全部なくす人はほとんどいません。

なのでIラインが剛毛だからといって、処理するわけにもいきません。

 

脇や脚のように、無毛にはできません。

剛毛な毛は、チリチリ感やゴワゴワ感がハンパなくて、見た目が不潔な印象になりがちです。

 

過去のわたしがまさにこのパターンでした。

いろいろ手入れに失敗してきて、最終的にはコントロールジェルMEという抑毛剤を使うことで悩みを解決できました。

 

「抑毛剤」について、あまり知らない人も多いかもしれません。薬局に行っても売ってませんからね。

↑抑毛剤については、この本が参考になります。とりあえず「怪しいモノではない」ということが伝わればokです。

 

除毛剤や脱毛剤とは全然違います。これらは、生えてるムダ毛を取り除くために使います。

いっぽう抑毛剤は、これから生える毛に対して効果を発揮します。

MEMO

・脱毛クリーム(=除毛剤):今生えてる毛に効果がある(溶かしてなくす)

・抑毛剤:これから生える毛に効果がある

 

一般的な抑毛剤はムダ毛の生えるスピードを遅くしてくれます。

毛の多い人だと、お手入れの回数が減って楽になります。

手入れの頻度が落ちれば、肌へのダメージも減ることになります。

 

ただ、それだけだと毛の印象に変化はありませんよね。精神的とか肌へのやさしさはアップしますけどね。

わたしが利用しているコントロールジェルは抑毛効果の他に、ムダ毛を細くしてくれる効果が期待できます。

 

アンダーヘアは他のカラダの部位に生える毛よりも、かなり太いです。

太いということは、柱がしっかりしているのでカタくなります。

これがゴワゴワの原因です。

MEMO
陰毛がカタイ理由:毛が太いから

 

太いということは表面積が広いので、それだけで濃く見えるわけです。あそこの毛の濃さや太さには女性でも個人差があります。

特に剛毛な人の場合は、Iラインの毛を短くするとよけいに黒が目立って食べる海苔のようになってしまいます。

 

これでは、温泉に友達と行くにしても、彼氏とエッチするにしても見せるのは恥ずかしいと言わざるをえません。

Iラインのアンダーヘアの手入れでは、長さの調節も大事ですが、それ以上に薄くみせるための工夫が必要になります。

 

コントロールジェルで陰毛を細くすれば、柔らかく薄くできるというわけです。

股のほうまで毛が生えていたわたしですが、今ではフワフワの柔らかいアンダーヘアになってるんですよ。

それまでの失敗がひどすぎましたけど。

MEMO
陰毛が細くなれば⇒薄く、柔らかくなる

 

このブログは、わたしの過去の体験をもとに、これから自分で処理をはじめようとしている女性、あるいは勇気をだしてムダ毛処理したけど失敗した人に向けて記事をかいてます。

 

毛の悩みって、ツライじゃないですか。

別に自分が悪いことしたわけでもないのに、遺伝のせいで濃いわけですから。ムダ毛処理のやりすぎて毛が濃くなる人もいますけどね。

それでも処理をしないといけないほど、毛深いのは遺伝のせいですよね。

 

彼氏や友達に見られるのが恥ずかしい!

と悩んでいるひとがいたら何かの参考にしてもらえればと思います。あきらめないでお手入れしてみてくださいね♪

 

わたしが実際にやった方法は「デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?」という記事にまとめてます。

剛毛女でも成功した方法です。

デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?