自分の陰毛に自信がない女性へ。薄く柔らかくするには

自分の理想のアンダーヘアにできていますか?

この質問に、「はい」と答える女性はそれほど多くいません。

なぜでしょうか?

 

おそらく他の部位のムダ毛と違い、毛を残さないといけないからでしょう。

陰毛を全部剃るスタイルは外国では多いですが、日本では小数。

勇気をだして挑戦しようものなら、見られるたびにつっこまれます。

 

例えば、友達と温泉に行ったとしましょう。

脱衣所でちらっと見られようものなら、「浮気防止?」なんて言われるのがオチ。

女同士でさえも、全剃りはそれぐらの認識しかないということです。

 

男性ならば、その状態を喜び興奮する人。

「この人、遊び人?」と引いてしまう人に分かれるでしょう。

 

最近の男性は肉食系というより草食系などと言われています。

なので、全剃りすると引かれる可能性のほうが高いです(汗)

 

最近はエステサロンの脱毛コースにアンダーヘアがあるのは当然ですし、「ハイジニーナ」という世間でいうパイパン、無毛コースもあります。

女性の関心を反映したものでしょうが、多くの人はナチュラルコースを選択しているようです。

さて、当サイトでは、

  • アンダーヘアを自分で薄くしたい!
  • アンダーヘアを自分で柔らかくしたい!
というように自分でなんとかしたい女性向けに情報提供しています。

 

ゴールは、(無毛ではなく)一部の毛を残して、彼氏に手入れしてるとバレない超自然なアンダーヘアにします。

 

なぜなら「手入れしてる=毛深い」と男性は考えるからです。

女だって人間ですから、毛も生えてきます。

でも、世の男性は、そんなのおかまいナシ。

彼女の家のお風呂場でカミソリを見ただけでも萎える人もいます。

きれいなイメージを彼女に持ちすぎなんです。

関連記事

陰毛が濃い基準とは?自分だけで決めてはいけない理由

別にばれても死にはしませんが、バレないにこしたことはありませんからね。

わたしは初めて陰毛の手入れをしたときには、あまりにも不自然な仕上がりに泣いてしまいました。

言葉は悪いですが「はげ山」みたい。。。。
毛を残す部分(Iゾーン)、残さない部分(ビキニゾーン)

ざっくり言えば、こんなカンジです。

注意したいのはビキニゾーンを雑に手入れしないことです!毛を残さないくても良いので、楽しようと考えがち。

例えば除毛クリームは、短時間で毛の処理が完了するので、脚や腕に使用したことがある人もいるかもしれません。

しかし、その感覚をそのままビキニゾーンにあてはめること怖いことが起きます。恐怖の肌荒れとかゆみ地獄ですよ。

まず除毛クリームには、ビキニラインに使用可能なものとできないものがあることを覚えておいてください。

毛をとかす強力な成分が入っているものが多いのであまりおすすめしませんが、どうしても使用したい人は専用なのかどうかのチェックを忘れないようにしてください。

 

アイゾーンは、一部の毛を残すところなのでレベルが高いです。ハサミで切っただけでは、自分で前髪をきったようなパッツン状態にしかならないので不自然。

 

まれに毛抜ですさせようとするチャレンジャーもおられますが、激痛以外に、埋もれ毛ができるリスクが高いのでやめておいたほうが良いです。

 

埋もれ毛は「埋没毛」とも表現されます。毛がキレイに抜けないで下の部分が残ってしまい、しかも毛が肌の中に入りこんでしまうという(汗)

運がよければピンセットで皮膚から取り除くことができます。ほとんどの場合は、うまく抜けずに困ることになります。

こうなると皮膚科のお世話にならないときついです。

下手にピンセットでほじくると、皮膚がボロボロになっていきますから。埋もれ毛の怖いところは、毛穴が黒くポツポツにみえるようになること。

1ヶ所ぐらいならまだ大丈夫ですが、複数になると目立ちますよ。

このように陰毛を自分で手入れするのはとても大変です。わたしも失敗の繰り返しで、いまのように薄く柔らかくできたので。

このサイトでは、その経験を活かして情報を発信してます。

 

 

一から陰毛の手入れについて勉強したい人は「【みるみるわかる】アンダーヘアの手入れまとめ」という記事からご覧ください。

細かい話はいいから、効果のある方法を教えて!という人は「デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?」という記事をご覧ください。

デリケートゾーンに抑毛剤を使ってみた@陰毛は薄くなるか?

陰毛が濃いくて彼氏に見られるのも恥ずかしくて恋愛から遠ざかっていた時期もあります。

そのぐらい「毛が濃いね」と言われたのはトラウマになりました。

このままでは、人生楽しくない!と勇気をだして失敗ばかりの手入れの研究を続けてきました。

もし、わたしと同じようにツライ状態の人がおられたら、軽い気持ちでよいので読んでみてください。

この方法が正解で、他のは間違い!なんてことを言いたいのではありません。

ただ剛毛だった自分をかえれくれた方法なので、何か役立つかもしれません。興味のある人はチェックしてみてください。